天然由来の成分で構成される肝パワーEプラス、副作用は低いがアレルギーに注意

サプリメントは服用することで体の内側から健康を維持したり、体調の不具合をケアしてくれるアイテムです。そのサプリメントを使って効果を上げるには、長期間、毎日継続して服用する必要がありますが、そうなると気になるのが副作用の問題でしょう。

 

 

安全に服用できる製品であるかどうかは、使用されている原材料を知ることである程度判断できると思われます。そうした意味では天然由来の成分を中心に作られている肝パワーEプラスのようなサプリメントは安心ですよね。ただ天然由来の成分であってもアレルギーを起こす人はいます。ですからこれまでアレルギーを起こした経験のある人は、問題のある物質が含まれていないか特に慎重に確認すべきでしょう。

 

肝パワーEプラスに関しては、貝アレルギーの恐れがあります。それと言うのも原材料の中には牡蠣エキス末も含まれているからです。

 

 

亜鉛など栄養豊かな牡蠣

 

 

アレルギーのある人にとって避けるべき牡蠣ですが、栄養面においては亜鉛などのミネラルをはじめタウリンのようなアミノ酸、ビタミンB群を含むなど、食品としては優れています。特に旬を迎える秋から冬場にかけてはその栄養価も増してくるので、利用価値も一層高くなります。

 

アレルギーがないのなら性別を問わずに滋養強壮に役立てたい食材ではありますが、値段の方は安いとは言えない上、年中出回っている訳ではないので、毎日の献立に加えるのは簡単ではありません。

 

その牡蠣もサプリメントの形にすれば、季節に関係なく毎日摂取できるようになります。肝パワーEプラスは、品質の高さで定評のある広島産の牡蠣から抽出したエキスを使用しているので、手軽にこの海の幸の恩恵を受けることが出来るでしょう。

 

スコルジニンを含むジャンボニン二ク

 

この他にも優れた成分が沢山配合されています。例えばジャンボニンニク。名前の通りサイズが普通のニンニクの4倍にも及ぶ品種で、肝パワーEプラスでは長野県で栽培された物をフリーズドライ製法で粉砕加工し、配合しています。つまり抽出物として使う場合と異なり、素材をそのまま凝縮した形で使用しているので、添加物フリーの混じり気なしのニンニクと言える訳です。勿論、栄養分はそっくりそのまま保たれています。

 

このニンニクに含まれる成分の中で特に重要なのが、血液をサラサラにする効果があるスコルジニンでしょう。この成分の働きで血行が促進され、全身を巡る血液の流れが改善されるため、肝機能にも良い影響を与えてくれるでしょう。

 

疲労を取るクエン酸

 

肝パワーEプラスには、紀州産の南高梅を原材料とする梅エキス末も配合されていますが、この梅にはブドウ糖をエネルギーに変換する際に必要なクエン酸が豊富に含まれています。クエン酸にはまた疲労の原因を作り出す乳酸を分解する役割もあるので、エネルギー不足を解消したり、疲労が蓄積するのを防ぐ効果が期待できます。

 

体の中から活力を取り戻したい人には是非摂って頂きたい成分と言えるでしょう。

 

ビタミン類もたっぷりと配合

 

これら亜鉛、スコルジニン、クエン酸はこのサプリの3つの要と位置付けられる程、大切な成分ですが、健康維持に役立つ成分は何もこれらだけに限りません。

 

マグネシウムをはじめとするミネラル類も贅沢に配合されていますし、特にビタミン類の充実ぶりには目を見張るものがあります。例えば食品100gに換算した含有量と比べた場合、肝パワーEプラス1日分(3粒)には、大豆の9倍のビタミンB1、納豆の21倍のビタミンB2、バナナの11倍のビタミンB6、カボチャの24倍のビタミンEが含まれているのがとか。これだけ揃っているとサプリメントだけでかなりの栄養が摂取できそうですし、栄養バランスの乱れが気になる人の補給源としても重宝するのではないでしょうか。

 

おしまいに

 

肝パワーEプラスは天然の原材料、それも産地や品質にまで拘った素材を使っているため、基本的には副作用の恐れはないと見てよいでしょう。ただ極まれに発疹や痒み、腹痛等のトラブルが発生する可能性もあるので、異常が現れた場合には速やかに服用を中止しましょう。

 

また副作用を避けるため、最初に触れたように食物アレルギーがあり、体質的に向かないと考えられる場合には、服用は慎重にして下さい。

↓↓↓肝パワーEを5日分セット980円でお試しできます!↓↓↓